ヒードラン - ポケモン対戦考察まとめWiki|雑記(ネタ型・マイナー型)

ヒードラン 節を編集

No.485 タイプ:ほのお/はがね 
通常特性:もらいび(炎技を受けるとそれを無効にし、交代するまで炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:ほのおのからだ(接触技を受けると30%の確率で相手をやけど状態にする)
体重  :430.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヒードラン919010613010677600もらいび/ほのおのからだ

ばつぐん(4倍)じめん
ばつぐん(2倍)みず/かくとう
ふつう(1倍)でんき/いわ/ほのお/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/エスパー/ドラゴン
いまひとつ(1/4)くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
こうかなしどく

特性「もらいび」の場合、ほのお無効

さかさバトル

ばつぐん(4倍)くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
ばつぐん(2倍)ノーマル/どく/ひこう/エスパー/ドラゴン
こうかあり(等倍)ほのお/でんき/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)みず/かくとう
いまひとつ(1/4)じめん
こうかなし(0倍)---

唯一の「ほのお×はがね」複合タイプを持つ準伝説ポケモン。
もらいび込みで弱点3・等倍4・耐性9・無効2という強靭な補完を誇り、耐性9タイプのうち5タイプをも1/4に抑える。
繰り出し性能・流し性能に優れ、相性のよい味方も多く、サイクル戦適性の塊とも言えるスペックを持つ。
反面弱点はメジャーで得手不得手がはっきり分かれるため、それをカバーする意味でも常に控えとの連携を意識して動かしたいポケモン。

C130かつ攻撃技も豊富であるため単純なアタッカー運用にも向くが、耐性を活かしてサイクルを回す性質上、どくどく×まもる×みがわりを採用したべのこしを持たせた型が最メジャー。
どくはがねを呼ばないためどくどくの一貫性が高く、みがわり×まもるにより自身より遅い相手を単騎で突破する可能性を残し、たべのこしの発動回数を増やして繰り出し性能を稼げるなどあらゆる点がヒードランと噛み合っている。
タイプ相性上有利なポケモンを繰り出してもこの戦法の餌食となる恐れがあるため、相手のパーティにヒードランがいる場合は極力有利対面を作らせないように立ち回るのが望ましい。

専用技マグマストームも自身の高い流し性能と相性が良く、後出しされるガブリアススイクンなどに拘束ダメージで負担を掛けることが可能。
他方で威力・命中率・PPなどには不安が残るため他のほのお技とは選択。

〈ブルルドラン構築について〉
第七世代においては相性補完に優れ、4倍弱点であるじしんのダメージを低減できるカプ・ブルルが登場。
ブルルドラン構築だけでお互いの弱点を完璧にカバーし、岩とゴースト以外はどちらかが半減以下に抑えられる。
岩とゴーストはどちらも高威力の技が少ないので、受けやすい点もよい。
ただしどくづき持ちのガブリアスやじしん持ちのメガボーマンダメガルカリオなどには双方上から弱点を突かれてしまう。
これらは一応クレセリア霊獣ランドロスなどで処理することが可能。
またマンムーバシャーモゲッコウガなど一致弱点を撃ち分けられる相手には読み違えると一瞬で崩壊しかねない。
この2体の場合に限ったことではないが、補完関係に慢心せずにパーティ単位で睨みを利かせたうえでのプレイングが必要になるだろう。


最新の型こちらに、過去の型こちらにあります。



技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
マグマストーム100(150)75拘束ダメタイプ一致技。専用技。拘束ダメージで負荷をかけられる。
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。高威力で負荷をかけられる。撃ち逃げ向き。
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。高威力・命中不安。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%タイプ一致技。中威力・命中安定。
ふんえん80(120)100火傷30%タイプ一致技。追加効果狙い。ダブルでは周囲全体攻撃。
ねっぷう95(142)90火傷10%タイプ一致技。ダブルでは相手全体攻撃。
ラスターカノン80(120)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
だいちのちから90100特防↓10%対炎・岩。ヒードランミラーにも。
あくのはどう80100怯み20%一貫性は高いが威力は低い。怯みは狙いにくい。
りゅうのはどう85100-対ドラゴン。等倍で通りやすいが、半減だいもんじと大差無い。
げんしのちから60100全能力↑10%対炎。リザードンウルガモスに。
ソーラービーム120100溜め攻撃対水・岩。晴れやZクリスタルとあわせて。
めざめるパワー-60100-相性補完に。4倍狙いで氷・電気など。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎。高威力・命中難。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。
だいばくはつ250100自分瀕死サポート後の退場に。
変化技タイプ命中備考
ステルスロック-サポート用。高い流し性能を活かして。
おにび85物理アタッカー対策。交代読みで。
どくどく90耐久型対策。毒・鋼は呼びにくい。
まもる-ターン稼ぎに。どくどくやたべのこしとあわせて。
みがわり-補助技対策や、どくどく・まもるとあわせて。
しぜんのちから-通常時はトライアタック。各種フィールド下で変化。

型考察 節を編集

物理型 節を編集

性格:攻撃補正↑or素早さ補正↑
努力値:攻撃252 他お好みで
持ち物:こだわりハチマキorいのちのたま
技(確定):だいばくはつ、オーバーヒートorほのおのキバ(ネタに徹するなら)
 (選択):かみくだくorしっぺがえし、ストーンエッジ、じしん、アイアンヘッド

攻撃90だし出来ない事は無い。
ただ特攻130が少々惜しいのでオーバーヒートは入れてみる。
だいばくはつは必須…だがいつ使うかが問題。

↑ネタじゃないような気がするが・・・・
↑オバヒぶっぱなして、爆発ってのも十分使えるが
↑バトレボのランダムでその型のヒードランに会ったんですけどw

物理系炎技の威力が唯一神唯一王以下なのは気にしちゃだめだよ!
↑そいつらは地震を覚えないからなー
対炎に地震を放てる炎ポケというのが大きい
↑別に物理型にしなくてもだいちのちからがあるんだが……
↑↑ゆいつしんはエッジ使えた気がするが、それじゃダメなのかい?
命中で劣るが、飛行にも抜群だぜ!

いじっぱりAが出たからBWでニトロ、爆発、鋼頭、オバヒ@火ジュエルで使ってる、多分ニトロよりじしんとかのが使いやすい

こいつそのうちヒートスタンプ覚えたりして…体重もエンブオーより重いし期待できるかも。

マイナス補正個体値ゼロでも特攻120超えるのかこいつ、二刀流余裕じゃねえか。

重力パ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょうorせっかち
努力値:特攻252 耐久素早さ調整
持ち物:シュカのみorいのちのたまorこだわりスカーフ
確定技:マグマストーム/だいちのちから
選択技:おにび/だいばくはつ/きんぞくおん/じしん/ストーンエッジ

重力PTに組み込む型
マグマストームの命中が100を越え安定で、オートタスキ破壊技。
炎技と地面技で全タイプに等倍以上をとることができる。
↑ペリッパー
↑重力だから地面等倍

重力で飛行タイプや浮遊持ちに地面技が当たるため、炎技と地面技で全タイプに等倍以上をとることができる。
これってネタと思えないのは俺だけ?命中100パーセントでタスキ破壊はなかなか良いと思うが。

耐久潰し型 節を編集

性格:ひかえめ
努力値:HP252特攻252
持ち物:たべのこし/オボンのみ/カゴのみ等
確定技:マグマストーム/ちょうはつ
選択技:お好きに

受けに来たラッキーをマグマストームで捕捉、挑発で回復と積みを封じて無理やり突破するだけ

役割破壊特化型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:素早さ0or204振り 特攻252 残りHPor特殊耐久調整
持ち物:くさのジュエル/パワフルハーブ/たつじんのおび/きゅうこん/ヨプのみ/ラムのみ/ふうせん/あついいわ
確定技:にほんばれ/ソーラービーム/マグマストームorだいもんじ
選択技:りゅうのはどう/だいちのちから/どくどく/おにび

主な仮想敵はシャワーズ、スイクン、ミロカロス、ブルンゲルと、水地のトリトドン、ラグラージ、ヌオー。さらにはニョロトノ起点の雨パ。
流し性能の高さ、そして地竜のサブウェポンで岩や竜が牽制されることから強く呼ぶこれら水への役割破壊に特化した型。
流し際に日本晴れをし、約7割のダメージを入れられるソーラービーム2発(水地複合には1発)で突破する。

耐久面も日本晴れで相手の水が等倍になるので、H252振りでシャワーズのC無振りハイドロポンプが確定3発、
熱湯なら乱数4発となり耐えられる。ニョロトノのC特化ハイドロポンプもギリギリ確定3発圏。
耐久水には特攻特化晴れマグマストームで4割弱のダメージを与えられるので、
耐久水をよび日本晴れをした直後、相手交代よみも兼ねてマグマストームを放っても良い。
居座ったら拘束で交代をたちつつ次手ソーラービームで確殺できる。自己再生で粘るブルンゲルにも有効。

ヒードランのソーラービームを除く特殊のサブウェポンはすべて威力90以下なので、抜群でも炎等倍ならマグマストームの
威力を超えない。そのため命中率を考慮しなければサブウェポンを使う機会は対炎,龍,岩,水と限られるといえるので、
炎の一貫性はウインディなどの他の炎ポケモンに比べれば高く、日本晴れはその炎技の強化にもつながる。

この技構成でも炎ポケモンとしての役割も果たす上、
バンギムドーと取り巻きのラティアス、ナットブルンなどに刺さる技構成なので汎用性も見込める。

選択技について
大地の力より竜の波動の優先度が高い。大地の力を使う対象は対炎と対岩だが、
対岩には立ち回り次第でソーラービームが打てる可能性がある(パワフルハーブを持たせる選択肢もある)。
対炎も相手に格闘技や地面技がなければヒードランへのダメージソースがなく、ダメージソースがない炎相手には
日本晴れからの一致炎技でのゴリ押しか竜の波動で問題ない。また、そもそも炎闘勢・ヒヒダルマ・ウインディなど
格闘技または地面技持ちの炎にはブースター, エンブオーを除きスカーフがなければ先制できないので、
大地の力を持っていてもタイマンは不利であり、タイマンで有利になれるのはブースター・エンブオー・ヒードランに限られる。
竜の波動は雨パのキングドラにとおり、呼ぶ竜への撃ち逃げや、逆鱗に繰り出せる鋼属性である点から優先度が高い。
対雨パ
雨パに組み込まれるナットレイを主に起点とする。ヒードラン対ナットレイの場面から、ニョロトノに交代する際に
日本晴れをし、次にマグマストームを選ぶ。相手がソーラービームをよみナットレイに替えればナットレイを突破、
ニョロトノが居座ればマグマストームで交代を絶ち、特防特化などではなければ次にソーラービームで突破、
竜の波動の存在により可能性は低いがキングドラに替えたとしてもマグマストームで拘束し次に水技を耐え竜の波動で突破できるので、
マグマストームさえ当たれば受けポケ、エース、起点のいずれかを撃破可能。この立ち回りでニョロトノを撃破できれば当然永続雨を断て、
キングドラかナットレイを突破した場合も、その後も再登場するニョロトノを前に再度先手で日本晴れをすることで妨害ができ非常に有用。
性格について
臆病にし、素早さに204振ることで最速ニョロトノと雨パに多いキノガッサを抜ける。
ただし控えめ特攻特化にも、特防特化ブルンゲルをソーラービームで確定2発、耐久無振りオノノクス、テラキオンを
それぞれ竜の波動、ソーラービームで確定1発にできるメリットがあるのでここは選択。
対雨パの立ち回りを考慮するなら準速キングドラ抜き(S228振り)も選択肢。
持ち物考察
  • くさのジュエル
    防御特化の耐久水を1発で突破する芽がうまれる。
    ブルンゲル確定1発、シャワーズは最低乱数を引かない限り1発。ミロカロス、スイクンも高乱数1発。
    また、呼ぶH252振りバンギラスも晴れ下ジュエルソーラービームで確定1発、
    H252振りニョロトノも確定1発となる(ただし日本晴れをみて交代される可能性が高い)
  • パワフルハーブ
    晴れでなくても1回限りソーラービームを使用できる。1回限り交代読みでソーラービームを使うことができる。
    岩に対する有効打となり、その他トリトドンを対面から突破できる点は優秀。
    (晴れ下のソーラービームではパワフルハーブは消費しない)。
  • たつじんのおび
    これを持たせることで耐久水が万が一特防特化たっだ場合にも確定2発にでき、HP振りウォッシュロトムを
    確定1発にできる。ものしりメガネでも可能だが、食べ残し持ちミロカロスを考慮すると達人の帯が優先される。
    また耐久無振りキングドラが竜の波動で乱数1発圏に入る。
  • きゅうこん
    ウォッシュロトムをはじめ、ヒードランより素早い水を考えると有効な持ち物。
    草のジュエルだと日本晴れを見て交代された際にも消費してしまうが、
    球根だと水技が来た(=相手が居座った)場合にのみ草のジュエル同等の威力のソーラービームで攻撃できる。
  • たべのこし
    毒々を持たせ相手の耐久型を意識する場合採用される。
  • ヨプのみ
    主にニョロトノの気合玉対策。努力値をHP196 特防60に振ることで2発耐えられる。
    また格闘持ちの炎の格闘技を1発耐えられる。
  • ラムのみ
    対雨パを考慮するとこれを持たせることで安全に電磁波を撒くナットレイに繰り出せる。
  • ふうせん
    汎用性を高める
  • あついいわ
    呪われボディで粘るブルンゲルに対し有利に働く。
    サイクル再登場時に晴れているとおいしい。

ひかえめCS振り マグマストーム,ソーラービーム,竜の波動,日本晴れ@パワフルハーブで回してみて。
(努力値は普段スカーフを持たせている個体の転用なのでお気になさらず)
対策しているだけあって、耐久水はほぼ余裕。たまたまSに振っていたので先手日本晴れで
スイクンとのタイマンも勝てた。回してみると耐久水登場際に日本晴れした後、
竜や炎への交換が多いので、日本晴れ直後は晴れマグマストーム安定。
個人的にマグストは確定レベル。上記パターンで水が居座った際、拘束して確実に仕留められ、
やや辛い呪われボディで粘るブルンゲルに対し、マグストを呪わせてソーラービームで攻めたので、
マグストの拘束がなければ炎技を呪われた時点で引かれる。
持ち物は熱い岩も候補かと思う。ブルンゲルに呪われボディで粘られた際も天候がきれないことと、
上記竜登場後や相手死に出しで一旦流れて、再登場する時に晴れているとおいしい。
ただ、スカーフで多くのポケモンを突破できるのに比べると耐久水のみに範囲を広げるのは物足りない気はする。

素早さに68振ると無振り85族抜きができるけどう? スイクンに先手を取れる。
それとサブウェポン外して毒毒を入れてるんだけど、耐久型全般を相手取れるので便利。
トレース持ちのポリ2がドヤ顔で出てきた所に打ち込んだり、無振り85族抜きだとクレセも抜ける。あと準速ラッキーも抜ける。
↑あって良いですね。スイクンに先制され晴れ下波乗りを2発受けるとスイクン突破後に本来の役割対象に対し繰り出せなくなりがちでした。
毒々は蝶舞で粘るウルガモスへのダメージソースにもなるはず。ラッキーは流せるだけでも大きいですが、マグマストームと毒々との相性が良いので、食べ残しを持たせ耐久型のような運用をしても良さそうです。
無振りFCロトムと85族の残り4振り抜きを考えて76振りもありますね。

↑この役割破壊特化型って大して議論されてないみたいだけど削除しても良いかな? まず雨パは選出の時点で
起動(トノ)+グドラやルンパ等の雨天下で大幅に強化されるポケモン+通常天候でも動けるor雨の恩恵を微量受けるという選出が多い
この面子の雨パ相手に晴らすにはイトケ必須で、この子より速く結構硬いウルガモスでやった方がサイクルそのものの性能は格段に上がる
超性能の積み技と素の素早さからドランよりアドが取り易いからね それとこの型は鋼タイプや特性の活かされにくさを感じた
余っていた一匹を育成して運用したところ、広い攻撃範囲で誰の劣化でもないけど、自分の強みを主張できないので炎屈指の弱さであると実感した
竜受けにしても有効打はめざ氷だから水対策にDに厚く振ると返しの一手が安い 完全な器用貧乏で種族値頼りだった
型としての成立しているか微妙かと 毒毒が最も良く機能したがそれなら毒守型でやれば良い話 
因みに俺が実際に使ったのはBW育成論板で叩かれていた役割破壊特化型の技構成と努力値を微量イジったものです
↑ドランがガモスより優れている点としては、「マグマストームで相手の退路を断てる」点と、やはり「鋼タイプによる受け出しやすさ」だと思う。特に前者がないと、ニョロトノ読み晴れができても、その後ソーラービームかまたナットレイやハッサムが来る読みでの炎技かの2択になってしまう。仮にソーラービームを読まれてナットハッサムが来ても、素早さで勝っているから炎技を撃ち込めるのだが、さらにここでニョロトノを出され、受けられてしまう可能性が出てくる(以下ループ)。ニョロトノ対面で晴れさせればいいかも知れないが、その時に水技撃たれると、ダメージが蓄積されてしまう。朝の日差しや羽休めを入れるという選択肢もあるが、そうなるとさざめきや蝶舞を削らないといけなくなる。

噴煙耐久型(ダブル) 節を編集

性格:ずぶといorおだやか
努力値:HP252 防御or特防252
持ち物:たべのこし
確定技:ふんえん まもる
選択技:ほえる ステルスロック みがわり ゆうわく てっぺき ねむる 
  
貰い火持ち、かつレベル50までに噴煙を覚えるのは実はこいつだけ。
それを最大限活かそうというもの。
素早さ調整で相方の天の恵みハピナスに先手を取らせ、スキルスワップ。
そんでもって6割火傷噴煙をお見舞いする。ハピナスは貰い火発動、
まあ大文字を撃ちたいところだが普通にノーダメージで満足して地球投げ。
あるいはクレセリアを代表とする浮遊スワップ、オドシシの威嚇スワップ等で
弱点に抗ってみるのも楽しい。あとは噴煙を撃ちまくる。

↑超楽しそーだな。あとハピナスもいいがジラーチは?
伝説ありに限るがジラーチ弱点一個消える+炎技威力うp、ヒードラン6割やけど
最高じゃねぇか 今すぐ作りたくなった
↑作成者だが、その場合メリットとデメリットに注目。
スキスワ役をジラーチにすると、素早い分挑発に強くなる。
日本晴れ・サイコキネシス・ソーラービーム・スキルスワップみたいな感じで
ヒードラン援護+格闘、水対策もできて面白い。
だが両者地面弱点だから、いくら威力減とはいえ地震を食らうとやばい。
ハピナスが相方なら威力減地震程度じゃびくともしないので、
ヒードランが守っている間に甘えるや冷凍ビームを駆使して対応できる場合がある。
格闘タイプには2体or全体攻撃がないというのが地面タイプとの大きな違い。
もうひとつがスキスワ失敗。ポケモンの組み合わせで作戦を見破られ、
猫騙しや挑発を食らってしまったとき。
ハピナスなら噴煙くらい素で耐えてくれるが、ジラーチだと……ギャーッ!

大爆発の威力減を考慮してひさしぶりに若干修正しました。


対ヒードラン 節を編集

  • 注意すべき点
    炎や毒が無効、鋼やフェアリーが1/4の強靭な耐性を持ち、繰り出し性能・流し性能が高い。
    流し際のみがわりからどくどく・まもるを展開。毒無効の毒・鋼にはC130からの一致炎技やだいちのちからを撃てる。
    他にもメガネでの撃ち逃げやふうせんを持たせてのサポートなど型も豊富で読みづらい。
  • 対策方法
    素早さは低く、弱点もメジャー。上から叩くのは容易い。だがそれはヒードラン側も対策済み。
    後続に相性補完に優れた相方がいることが多い。特にクレセドランで有名なクレセリア
    そこまで考慮したうえで有利なのは、すりぬけシャンデラ、かたやぶりドリュウズ、めざ地ウルガモスなど。

    第七世代では新たに追加されたカプ・ブルルヒードラン(+水枠)の通称ブルルドラン構築が強力。
    ゲッコウガならば水技or格闘技+ダストシュート(+くさむすび)で全てに打点が取れるため見せあいの時点で牽制できる。
    またボルトロスも霊獣・化身ともに電気技+ヘドロウェーブ+きあいだまにより控えの水枠と合わせて対策可能。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

4th
5th
6th
SM
威力命中タイプ分類PP備考
-1マグマストーム10075ほのお特殊5
-1ねっぷう9590ほのお特殊10
-1だいちのちから90100じめん特殊10
-1アイアンヘッド80100はがね物理15
-1ほのおのうず3585ほのお特殊15
11げんしのちから60100いわ特殊5
99にらみつける-100ノーマル変化30
1717ほのおのキバ6595ほのお物理15
2525きんぞくおん-85はがね変化40
3333かみくだく80100あく物理15
4141こわいかお-100ノーマル変化10
4949ふんえん80100ほのお特殊15
5757ほのおのうず3585ほのお特殊15
6565アイアンヘッド80100はがね物理15
7373だいちのちから90100じめん特殊10
8181ねっぷう9590ほのお特殊10
8888ストーンエッジ10080いわ物理5
9696マグマストーム10075ほのお特殊5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技12ちょうはつ-100あく変化20
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技22ソーラービーム120100くさ特殊10
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技35かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技38だいもんじ11085ほのお特殊5
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技50オーバーヒート13090ほのお特殊5
技61おにび-85ほのお変化15
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技71ストーンエッジ10080いわ物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技91ラスターカノン80100はがね特殊10
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代まで
技58こらえる--ノーマル変化10
技59りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10教え
技76ステルスロック--いわ変化20教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

教え技 節を編集

4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15
さわぐ90100ノーマル特殊10
アイアンヘッド80100はがね物理15Lv
だいちのちから90100じめん特殊10Lv
てっぺき--はがね変化15
ねっぷう9590ほのお特殊10Lv
HSむしくい60100むし物理20
ステルスロック--いわ変化20
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
げんしのちから60100いわ特殊5Lv
どろかけ20100じめん特殊10
HSずつき70100ノーマル物理15
あくのはどう80100あく特殊15技97
ねごと--ノーマル変化10技88

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ふんか150100ほのお特殊5ポケモンレンジャー 光の軌跡で配信

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別♂:♀=1:1