ドラピオン - ポケモン対戦考察まとめWiki|雑記(ネタ型・マイナー型)

ドラピオン 節を編集

No.452 タイプ:どく/あく
通常特性:カブトアーマー(攻撃を急所に受けない)
     スナイパー(攻撃が相手の急所に当たった際のダメージが2.25倍になる)
隠れ特性:するどいめ(命中率を下げられない・相手の回避率上昇を無視して攻撃できる)
体重  :61.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
毒/悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドラピオン7090110607595500スナイパー/カブトアーマー/するどいめ
Aベトベトン105105756510050500どくしゅ/くいしんぼう/かがくのちから
スカタンク1039367716184479あくしゅう/ゆうばく/するどいめ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)くさ/どく/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

さかさバトル

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)くさ/どく/ゴースト/あく
こうかあり(等倍)ノーマル/ほのお/みず/でんき/こおり/かくとう/ひこう/エスパー/むし/いわ/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/2)じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし(0倍)---

スカタンクAベトベトンと共に、弱点が地面しかないことで知られる毒/悪複合タイプのポケモン。
同複合の中では物理耐久が最も高く、無補正A振りガブリアスのじしん程度ならH振りだけで低乱1に抑えられる。素早さも一番。
攻撃は並程度で一致技の威力も低いが、特性スナイパーや相性補完のサブウェポンを活かせばアタッカーも可能。

タイプの組み合わせ上、幅広いタイプのポケモンに対して弱点を突いたりはできないものの等倍範囲は広く、
悪タイプでありながら毒複合によりフェアリータイプにも有利。
格闘やフェアリー技をサブに持つことも多いエスパーやゴーストタイプに対しては非常に役割を持たせやすい。
第七世代ではいたずらごころによる変化技を無効化できるようになり、耐性が向上した。
何でもこなせる八方美人のようなポケモンではないが、与えられた役割はしっかりと遂行できるポテンシャルを持ったポケモンと言えるだろう。


最新の型こちらに、過去の型こちらにあります。



型考察 節を編集

レッドカードかき回し型 節を編集

努力値:HP、素早さ252
特性:カブトアーマー
性格:ようき
技:どくびし・はたきおとす
選択技:シザークロス・かみくだく・ちょうはつ・みがわり・あやしいひかり・こわいかお・ほえる
持ち物:レッドカード

耐性も耐久もそれなりに優秀なので、レッドカードどくびしがよくささる。
鋼飛行がきそうだったらレッドカードはたきおとすでかき回す。
うまくいけばパーティ全員の持ち物が剥げる。

積まれて一撃で倒されたらレッドカード発動しないので、挑発推奨。

どくびしまいたら交換しづらくなるからこわいかおもありかも。

vsキノガッサ型 節を編集

努力値:攻撃252/素早さスカーフなし最速キノガッサ調整、残り耐久 など
特性:カブトアーマーorスナイパー
性格:いじっぱりorようきorわんぱく
持ち物:ラムのみorカゴのみ
確定技:まもる/クロスポイズンorどくづき/ちょうはつ

別にドラピオンでやる必要が無い気がするのは仕様。
最初のターンはポイズンヒール型かスカーフかどうかわからないのでまもる推奨。
(ポイズンヒール型は最初まもる事が多いので、ちょうはつを防がれると次ターンに交換などされやすい)
相手が既にポイズンヒールかスカーフかどうかわかっていたらいきなりちょうはつで。
あとは適当にやってください。

ドラピオン相手にキノガッサ出しっぱなしにするかどうかなんて知りません。
↑相手の残った最後の一匹がガッサだった時に出せばいいじゃないか。

バシルーラ型 節を編集

努力値:HP252残りは防御特防素早さに使用用途に応じて
性格:攻撃or特攻が下がり、防御or特防が上がる性格
持ち物:カムラのみ
技:ふきとばし/ほえる/ねむる/ねごと

味方がステロ、まきびし、どくびしを巻いてから いざ出陣!
二種類の強制交代技を覚えることで、ねごとでねむるを引く確率を下げ、
更には、ねごとで強制交代技使うことによって、優先度を無視した強制交代技を
持ち前の(それなりの)速さで発動させることができる!まさに昆布界の異端児。
ちょうはつときゅうばんで 完全に終わるのは昆布だから仕方ない。

↑ねむるを引く確率はさがんねーよ。交代技を引く確率が上がるだけだ
カムラ発動 → ねむる → ねごと → ほえるorふきとばし には心底驚いた。
元々抜群はじめんだけな上に防御種族値は高いし、性格は特防↑でいいかな? その分努力値を防御に多めに振っておく必要はあるかも
素早さはカムラで110族を抜ければ十分すぎると思う
↑防御UP性格で特防に振った方が固くなる。基本的に努力値は種族値が低いステータスに振った方が効果は大きい。
↑↑ふきとばし、ほえるの片方だけ入れた場合と比べて、確率が下がってると言う意味。
交代1ねむねご>各1/2 交代2ねむねご>交代2/3、ねむる1/3 で、1/2と1/3と、1/6ほど下がっている。

超素早いサソリ(スカーフ)型 節を編集

特性:スナイパー推奨、急所が怖けりゃカブトアーマー
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃・素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
技:好きな物理技を4つ。

重そうな見た目、そして昆布や耐久型が多い関係上、鈍重に見えるドラピオンだが・・・こいつの素早さ種族値は95。
何と大会で大暴れしたキュレムと同速だ。実際のサソリも素早いものは多いという。

妄想:来いよガブリアス!お前なんてこおりのキバで返り討ちだ!
現実:確2なので相手が地震を選択していた場合、凍るか急所でない限り勝てません。

誰の劣化にもならない特殊型 節を編集

性格:ひかえめ
努力値:HP、特攻252
持ち物:強化アイテム
技:どくびし、ほえる、ベノムショック、何でも

この構成を出来るのは恐らくドラピオンと画伯だけ。修正した今となっては知らんが、彼には高めの耐久がある。
火力不足感は否めないが誰の劣化でもない。

バークアウト解禁されたら十分アリな型かもな。ただその場合、耐久に振って特殊受け潰し兼毒撒き要員になりそうだ。

何でも枠にバークアウト、持ち物にヘドロだと安定して立ち回れる。
問題といえばXYの現環境は鋼と飛行が蔓延している事と、ベノムショックを打つ機会が中々ない事。

唯一のなげつける型 節を編集

特性:スナイパー
性格:ようき
努力値:攻撃252素早さ252
持ち物:どくバリ
確定技:なげつける クロスポイズン じしん
選択技:どろぼう ちょうはつ あやしいひかり つるぎのまい

投げつけられる唯一の毒+悪として一見合理的そうな型。
基本は1.2倍かつ急所狙いクロスポイズンで、頃合を見て投げつける。
毒バリを投げつけたときの威力は70、追加効果は毒10割。
低耐久ならば、襷を無視して1ターンで倒せることも。
どちらも厳しい鋼タイプには地震で攻め、
浮いてる鋼は耐久型が多いことを利用し挑発や怪しい光で足止め。

優先順位はあくまで「誰の劣化にもならない」>「実戦で使える」なので持ち物はどくバリ固定。

耐久寄りにしてこの型使ってみた。
いや、これ結構使ってて楽しいよ? 相手がアタッカーだったらどくバリどくづきとかで殴り続けて
耐久よりだったらどくバリ投げちまえば結構刺さる。威力もつじぎりと同じだし。
攻撃力あげるより、耐久か素早さに回しといた方がいいかも。あとドータクンはどうあがいても止まる。