ジャラランガ - ポケモン対戦考察まとめWiki|雑記(ネタ型・マイナー型)

ジャラランガ 節を編集

No.784 タイプ:ドラゴン/かくとう
通常特性:ぼうだん(たまやばくだんが当たらない)
     ぼうおん(音に関係する技が無効になる)
隠れ特性:ぼうじん(天候によるダメージを受けない、粉系の技、及び特性「ほうし」を無効化)
体重:78.2kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
両刀竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ジャラランガ7511012510010585600ぼうだん/ぼうおん/ぼうじん
カイリュー911349510010080600せいしんりょく/マルチスケイル
ボーマンダ951358011080100600いかく/じしんかじょう
ヌメルゴン901007011015080600そうしょく/うるおいボディ/ぬめぬめ

ばつぐん(4倍)フェアリー
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/こおり/ドラゴン
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/くさ/でんき/むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

さかさバトル

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/みず/でんき/くさ/むし/いわ/あく
こうかあり(等倍)ノーマル/かくとう/どく/じめん/ゴースト/はがね
いまひとつ(1/2)こおり/ひこう/エスパー/ドラゴン
いまひとつ(1/4)フェアリー
こうかなし(0倍)---

唯一の「ドラゴン×かくとう」の複合タイプを持つ600族ドラゴンポケモン。
見所は高いBD種族値だが、Hの低さが祟り総合耐久はガブリアスにやや劣る程度。
アタッカーとして重要なACは平均程度、Sは85で中速の域に留まる程度と、全体的に無駄の多い種族値配分が目立ってしまう。

一致技は攻撃面での相性補完に優れるが、習得技の不足はメイン・サブ双方で深刻なものとなっている。
物理型だとかくとう技はスカイアッパーが最大火力で、一致補正込みでもカイリューの不一致ばかぢからに劣るうえ命中不安で使いにくい。
特殊型ならきあいだまを選べるがやはり命中不安で、他のドラゴンと異なりだいもんじを覚えずサブウェポンに乏しい。
これらの問題に目を瞑るしても、一致技を双方半減する上4倍弱点を突いてくるフェアリーが蔓延する第7世代においては技の通りにも問題があると痛し痒し。

このように、高い種族値合計に反して配分・習得技・環境のいずれにおいても恵まれず、様々な局面で扱いにくさが際立ってしまうポケモン。
固有タイプではあるが、似たような役割範囲でより優秀な働きをするポケモンも多く、現状では採用機会を見出だすのは難しい。
少なくとも、他の600族ドラゴンと同列に論じるのは無理があると言わざるを得ない。

他方で、ダブルで有用な専用技「スケイルノイズ」および後述する3つの特性は魅力的であり、WCS2017等の一部のダブルルールで局所的な需要を見出だすことができる。
ぼうおんを選択すればダブルに多いバークアウトやハイパーボイスを防げ、ぼうじんにすれば各種天候ダメージおよびくさタイプの補助技、とりわけキノコのほうしに強く出られるようになる。
総じて、シングルよりはダブルの方が動かしやすく、差別化にも悩まされにくい。

〈からをやぶるジャラランガについて〉
2017年1月11日のソフトアップデート以前において、バトルツリーに「からをやぶる」持ちジャラランガが確認されていたが、現在では修正されりゅうせいぐんに差し替えられている。
単なるミスの類であり、残念ながら今後習得予定などの情報は一切ない。


最新の型こちらに、過去の型こちらにあります。



特性考察 節を編集

3種類の特性はそれぞれ何らかの技・ダメージを無効化するもの。いずれも有用なもので、特性が見抜かれるまでは3種すべての適用技に対して擬似的な耐性を持つ格好となる。

ぼうだん
たま・ボール系の技を無効化。
意外にも範囲は広く、環境においてよく使われるシャドーボール・ヘドロばくだん・ジャイロボール・きあいだまなどに無償降臨が可能となる。
具体的な役割対象の拡大に繋げやすく、特にシングルにおいては、迷ったらこれを選択すればよいと言える。
適用技は以下の通り。
ボール系アイスボール、ウェザーボール、エナジーボール、エレキボール、ジャイロボール、
シャドーボール、ミストボール、きあいだま、たまなげ
砲弾系オクタンほう、がんせきほう、でんじほう、かえんだん、はどうだん、タネマシンガン、ロックブラスト、くちばしキャノン
爆弾系かふんだんご、タネばくだん、タマゴばくだん、どろばくだん、ヘドロばくだん、アシッドボム、マグネットボム
ぼうおん
音技を無効化。
みがわりを使う際の安定性を高め、ほえる耐性を得て積み技との相性もよくなる。
ハイパーボイス・バークアウト・りんしょうも防げるため、ダブルで真価を発揮する。
ただし、スキンハイパーボイス持ちにはサブウェポンで弱点を突かれる傾向にあり、この特性を盾に役割を持つのは無理がある。
適用技は以下の通り。
攻撃技いびき、さわぐ、うたかたのアリア、エコーボイス、おしゃべり、スケイルノイズ
チャームボイス、バークアウト、ハイパーボイス、ばくおんぱ、むしのさざめき、りんしょう
補助技いやしのすず、いやなおと、うたう、おたけび、きんぞくおん、くさぶえ、すてゼリフ
ちょうおんぱ、ないしょばなし、なきごえ、ほえる、ほろびのうた
ぼうじん
こな系の技やほうし、あられやすなあらしのダメージを無効化。
まひやねむりによる機能停止や、天候ダメージによるタスキ潰しを防げる。
こな技持ちのくさむしにはかえんほうしゃやどくづき、あられパのこおりや砂パのいわはがねには一致かくとう技で弱点を突ける。
他2つと比べ汎用性には欠けるが、ジャラランガの耐性とよく噛み合った優秀な特性であり、特にダブルにおける選択肢として有用。
適用技は以下の通り。
いかりのこな、キノコのほうし、しびれごな、どくのこな、ねむりごな、ふんじん、わたほうし
その他あられ、すなあらしのダメージを受けない。特性「ほうし」が発動しない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
げきりん120(180)100行動固定タイプ一致技。行動固定が痛い。撃ち逃げ向き。
ドラゴンクロー80(120)100タイプ一致技。持ち物や積み技での火力補強が欲しい。
スカイアッパー85(127)90-タイプ一致技。きしかいせいを除き物理格闘最高火力。
きしかいせい20~200
(30~300)
100タイプ一致技。みがわりやボディパージとあわせて。
カウンター-100優先度-5高い物理耐久を活かして倍返し。
いわなだれ7590怯み30%対虫・飛行。素早さを上げれば怯みも期待できる。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。相手の素早さを下げて後続サポート。
どくづき80100毒30%対フェアリー。ぼうじんでの草への遂行技。
じしん100100-対毒・鋼。ぼうだんでのゲンガーへの遂行技。
特殊技タイプ威力命中効果解説
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。特攻低下が痛い。撃ち逃げ向き。
スケイルノイズ110(165)100防御↓タイプ一致技。防御低下が痛い。みがわり貫通。
きあいだま120(180)70特防↓10%タイプ一致技。高火力・広範囲だが命中難。
ラスターカノン80100特防↓10%対フェアリー。交代読みで。対面では厳しい。
かえんほうしゃ90100火傷10%対虫・鋼。ぼうじんでの草への遂行技。
変化技タイプ命中解説
りゅうのまい-攻撃・素早さを補強。火力と抜き性能を確保。
つるぎのまい-攻撃を強化。全抜きを狙うなら素早さ補強も欲しい。
ふるいたてる-攻撃・特攻を補強。両刀型の火力確保に。
はらだいこ-攻撃を超強化・HP半減。先制技が無いので使いづらい。
てっぺき-防御を強化。スケイルノイズと相性が悪い。
ロックカット-素早さ強化。無補正無振りでも最速130族を抜ける。
ボディパージ-素早さ強化。無補正無振りでも最速130族を抜ける。
けたぐりのダメージを減らせるが、ヘビーボンバーのダメージが増える。
みがわり-状態異常対策や、きしかいせいのHP調整に。ぼうおんなら音技無効。
おたけび100相手の火力弱化。みがわり貫通。
ちょうはつ100補助技対策。起点化回避に。
きしかいせいの威力(ポケモンwiki)
分数パーセント威力
48/48≧HP≧33/48残り100%~約68.8%20
33/48>HP≧17/48残り約68.8%~約35.4%40
17/48>HP≧10/48残り約35.4%~約20.8%80
10/48>HP≧5/48残り約20.8%~約10.4%100
5/48>HP≧2/48残り約10.4%~約4.2%150
2/48>HP≧0/48残り約4.2%~0%200
きしかいせいの威力(Bulbapedia)
パーセント威力
100% - 71%20
70% - 36%40
35% - 21%80
20% - 11%100
10% - 5%150
4% - 0%200

いずれにせよ、残りHPが1/3を切る頃にはかわらわりの威力を越しており、赤ゲージならスカイアッパーより威力が高くなる。
赤ゲージ時のHPは残り20.0%以下であるとデータ集/ステータス計算式#a94dfe6cに書いてある。

Zワザ考察 節を編集

Zワザ元にする技威力解説
アルティメットドラゴンバーンげきりん190(285)行動固定無し。ダブルで対象選択可能。
りゅうせいぐん195(292)能力低下無し。
スケイルノイズ185(277)能力低下無し。ぼうおんにも有効。
ぜんりょくむそうげきれつけんきあいだま190(285)必中。ぼうだんにも有効。
スカイアッパー160(240)A特化でB特化ナットレイを低乱1。
きしかいせい威力固定。
アシッドポイズンデリートどくづき160A特化でH振りマリルリを確1。
ライジングランドオーバーじしん180A特化でH振りAガラガラを確1。
ちょうぜつらせんれんげきラスターカノン160C特化でH振りピクシーを低乱1。
ダイナミックフルフレイムかえんほうしゃ175C特化でH振りテッカグヤを低乱1。
Zはらだいこはらだいこ-はらだいこ前にHP全回復。

型考察 節を編集

カムラはらだいこ型 節を編集

特性:ぼうだん/ぼうおん/ぼうじん
性格:ようき
努力値:A252 S252
持ち物:カムラのみ
確定技:はらだいこ
選択技:みがわり/げきりん/スカイアッパーorきしかいせい/じしん/どくづき

サンムーンの環境変化で先制技が減り、純粋なSで戦う型も使いやすくなるかもしれない。

考察不十分である。