アーボック - ポケモン対戦考察まとめWiki|雑記(ネタ型・マイナー型)

アーボック 節を編集

No.024 タイプ:どく
通常特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
     だっぴ(ターン終了時に1/3の確率で状態異常を治す)
隠れ特性:きんちょうかん(相手は木の実を食べられなくなる)
体重  :65.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
毒蛇HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アーボック609569657980448いかく/だっぴ/きんちょうかん
(113)(492)いかく無振り換算
(129)(508)いかく全振り換算
ハブネーク73100601006065458だっぴ/すりぬけ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん/エスパー
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/どく/むし/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

さかさバトル

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)くさ/かくとう/どく/むし/フェアリー
こうかあり(等倍)ノーマル/ほのお/みず/でんき/こおり/ひこう/いわ/ゴースト/ドラゴン/あく/はがね
いまひとつ(1/2)じめん/エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし(0倍)---

特性「いかく」が特徴的な単どくタイプ。
種族値は低めだが「いかく」により耐久はそこそこあり、技のラインナップもかなり豊富。
特にへびにらみの習得は特徴的であり、呼びやすいじめんにも麻痺を入れられるなどそれなりに器用なポケモンである。

サン・ムーンではA種族値が85→95に上昇。A↑補正196振り(11n調整の最大値)のダストシュートでH252マリルリを確定で倒せるようになった。
豊富な攻撃技を持つアーボックには嬉しい強化だが、麻痺のS補正が1/4→1/2に弱体化した点が痛い。
またフェアリーの増加によりどくタイプの需要は上がっているが、新規フェアリーはほとんどが特殊アタッカーであるため、仮想敵が物理であるアーボックにはあまり関係がない。


最新の型こちらに、過去の型こちらにあります。



特性考察 節を編集

いかく
種族値としてはそこまで高くないが、無補正H236-B76以上で、A182強化アイテムなしガブリアスのじしんは確2。
格闘タイプに対してはタイプ相性もあり、補正ありA252振りメガバシャーモのとびひざげりもHP振りだけで確3。
耐えた後どうするかの問題はあるがそこそこの攻撃は耐えられる。
だっぴ
とぐろをまくや、たくわえるなどの積み技を習得するので、積んでから眠ったり、火傷や麻痺に強く出られる。
悪くはないのだが、いかくが優秀なので採用は稀。
きんちょうかん
ラムのみ持ちに対して毒や麻痺を入れられるが、いかくやだっぴを差し置いて採用するほどでは無い。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
ダストシュート120(180)80毒30%高威力だが命中不安の一致技。
どくづき80(120)100毒30%命中安定だが威力は低い。
じしん100100-範囲が広く、毒技との相性補完に優れる。
タネばくだん80100-過去作教え技。対地面・岩タイプに。
かみくだく80100防御↓20%毒半減のゴーストや呼びやすいエスパーに刺さる。
ふいうち70100優先度+1タマゴ技。唯一の先制技。遅めなのであると役に立つ。
いわなだれ7590怯み30%ファイアローウルガモス狙い。へびにらみと合わせてまひるみも。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%いかくやへびにらみと合わせて起点作りに。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
じしんの効きにくい虫/鋼やナットレイに有効。
こおりのキバ6595凍り10%
怯み10%
ガブリアスグライオンに有効だが、張り合うのは厳しい。
かみなりのキバ6595麻痺10%
怯み10%
ギャラドスを意識するなら。
ドラゴンテール6090優先度-6
強制交代
積み技を使う相手を流したり、麻痺をばらまいたり。
変化技タイプ命中解説
へびにらみ100相手への妨害に。でんじはと違い地面にも麻痺が通る。
かなしばり100タマゴ技。へびにらみやみがわりと合わせて相手の有効打を封じる。
すりかえ100タマゴ技。こだわり系やくろいヘドロ、かえんだま等を押しつけられる。
みがわり-マヒさせてから残るまで粘ったり、様子を見てからかなしばりで縛ったり。
たくわえる-防御・特防を同時に上げられる。いかくか麻痺を撒いてから。
とぐろをまく-攻撃・防御・命中率が上がる。ダストシュートの命中率補助にもなる。
ねむる-唯一の回復技。だっぴ型なら素眠りでもいける。

型考察 節を編集

耐久型 節を編集

特性:だっぴorいかく
性格:わんぱくorしんちょうorいじっぱり
努力値:HP252 防御252  or  HP252 特防252  or  HP252 防御124 特防124  or  攻撃252 HP252
持ち物:くろいヘドロ/オボンのみ
確定技:へびにらみ/たくわえる
選択技:かみつく/ねむる/まもる/うらみ

かみつくは威力やダメージよりひるみ目的。
↑決定力に欠けているが、麻痺とひるみを狙うならどくどくは厳しいか。
ハブネークでも同じ型が出来そうだが、耐久面は防御・特防もややアーボックの方が上。
特性はいかく→攻撃受け、だっぴ→ねむるからの復帰
↑耐久型にするならだっぴがいいと思う。
↑両方を実際に使ってみたところ、いかくの方も積む際に流れをつかめるので悪くはなかった。
長い目で見たらだっぴ、速攻で落とされる心配を減らしたいならいかく。環境によってお好みで。
努力値はHP252防御252の防御特化がおすすめ。蓄えるを3回積んだ状態で拘りカブリの地震が確定2。
スカーフガブリなら確定3。麻痺させた状態ならスカーフガブリに対して眠る 恨み 脱皮で行動不能にできる。
防御特化→地面、特防特化→エスパーに対応するものと考えればいい。防御=特防のバランス型も悪くはないが、どれもたくわえる前提

この型を対戦で使用もしくは相手にした人の感想
一度闘ったが無茶苦茶堅くて落とせなかった
先手でさいみんじゅつ→アーボックに交換してたくわえる×3。起きたらうらみをするとかなりウザイ。
↑うらみするならヒメリの実でもよくない?うらみのPP最大でも16しかないからすぐ無くなるんだけど・・・・・・
脱皮もいかくも両方使えるピッタリの型だね。

へびにらみが決まれば結構戦える希望ありだ
これ強すぎるな。いいタイミングで出されると相当苦労しないといけない。
相性悪くても最悪麻痺撒き出来るのが素晴らしい
蟻地獄ダグトリオ(身代り持ち)に瞬殺にされたのはご愛嬌。
麻痺させてたくわえる積めばこっちの物。だっぴは発動したらいいな程度。

実際使ってみた人に聞きたいんだけどどういう技構成にした?
挑発対策にかみつくは入れたいが、そうなるとうらみかねむるのどちらか削らなきゃならないよな。
↑同感。この型を否定するつもりはまったくないんだけど、この型の目的を簡潔にまとめてくれる人はいません?
↑地面にも効く麻痺撒きと特性を活かした物理受け。
↑↑↑脱皮型なら恨みを抜き、威嚇型なら眠るを抜け
↑でも眠る抜いたら蓄え終えたとしても、速攻で落ちない?
↑ほとんどの議論が脱皮型推奨みたいになってるけど、威嚇をもっと有効的に使える型はないかな?
うらみ/へびにらみ/たくわえるは決定にしても、やっぱ積むならねむるは必要だよね?
↑×8俺の技構成はこれだ!
わんぱくで特性いかく すりかえ/どくどく/たくわえる/ねむる@黒いヘドロ
どくどく→蓄えてから寝てプチ要塞化したらすり替えてさらにジワジワ。
↑コイツのアイデンティティであるへびにらみを抜いたの?w
確かに毒や黒いヘドロすりかえも強そうだが、これでは蓄える積む前に素早いアタッカーに倒される可能性は高まっちゃってる気がする。
↑ ↑↑の型を自分で作ってみて投入してみたが、嵌るとへびにらみとはまた違ったいやらしさを発揮して面白かった。
特に耐久潰しとしてはかなり有用(耐久型相手なら大抵自分で有効利用出来るもちものを奪える為)。その際はミロ抜き調整をしておくと良い。
ただこれはヘドロすり替え型あたりで新しい型として置いといてもいいんじゃないだろうか。
↑特性脱皮ですりかえ/たくわえる/ねむる/うらみ@火炎玉で運用してみたが強い強い。火炎玉すり替えで物理アタッカーの火力をガタ落ちにできるし、こっちの火傷は脱皮か眠るで治る。火炎玉押しつけから眠る・蓄えるを絡めてマンダの地震文字流星群を腑抜けにしてやった時は爽快だった。
ただこの際はHP特防振りのほうがいいかもしれない。自分はもともとヘドロすりかえのつもりだったから防御特化だったけど。
↑何か攻撃技入れたいと思うんだけどなにがいいとおもう?先制できないことがおおいしかみつくは微妙だとおもうんだ

ぶっちゃけ蓄えるを積んだり威嚇したりすれば素の耐久はほぼ関係ないし、
少しでもかみつくの威力↑を狙うため、性格をいじっぱりにしてみたが、普通に強かった。
ただし、何にも積んでいない状態でガブ然りにぶつかったら逃げるしかない。そのため、いじっぱりなら威嚇推奨。

持ち物にヒメリの実はどうだ?
かみつくのPP切れたら何もできなくなるし。
それからヒメリなら防御ダウンの可能性があるかみくだくでもよくないか?
回復技持ちに当たったら泥になるし、かみつくが思ったより怯まない。

要注意ポケ対策/ハピナスのところにも書いたんだが
こいつハピナス対策になるんじゃないか?
うらみを連発すれば倒せると思うんだが・・・

こいつにいえきってどう?
こんじょうとかサンパワーみたいな特性消せるし、
他に状態異常撒きがいるならへびにらみの代わりに入れるのもアリだと思うんだが
↑胃液の効果は交代されたら元に戻るからな…
こっちが1ターン使ってまで消した方がいいほど有用な特性はそこまで多くない。
やはりへびにらみは必須でしょ。電磁波じゃなくてへびにらみってとこがこいつの生命線なんだから。

いやなおとはアリ?
いじっぱり・いかく かみつく/嫌な音/へびにらみ/蓄える@ヘドロで使ってるがなかなか。
嫌な音でダメージ増やして、さらに交換誘発して麻痺を撒ける。

しかしみんな型に個性が出てていいなw

特性脱皮の場合は積み始めを安定させるためにオボンもアリじゃないかと思うのだがどうだ?
↑十分アリだと思う。追加しました。
↑まきつく/どくどく/ねむる/たくわえるってのはどうだろうか?
まきついて交換不能状態にしたうえでどくどくでダメージ。
↑巻き付く議論は以前にもあったんだが、考察途中でバッサリ削除食らった。使ってみた奴いたら、感想頼む。確か前回も技構成はこれと一緒だった。

ダストシュートって駄目?
威力が高いし毒の可能性もあるから攻撃無振りでもそこそこ使えるとは思うんだけど…
↑個人的な感想としては、メインウェポンで一つだけの攻撃技として入れるなら、止めといた方がいいと思う。以前使ったんだが、範囲狭すぎて泣けた。更に無振りだと、命中7割を乗り越え、やっと当てても悲しいダメージ量。
↑↑個人的にはアリ。噛み付く程度じゃダメージが余りにも悲しいし。
少しでもダメージ量を増やしたいならアリ。ただ外れるリスクも当然背負わないといけないけど。

脱皮@ヘビにらみ/眠る/蓄える/かみつくの型に6650で遭遇したけど何もできずに4タテされますた。
相手選んで睨み→蓄えて眠られると、急所にでもあたらないと3発以内に落とすの不可能…
一度要塞完成するとマジで急所狙うしか落とす方法がない。
物理型が剣舞積めて突破できるかと思ったけど、
肝心なところで怯まされるわ麻痺で動けないわ、もうどうにもならなかった。
こいつ1匹突破できたところで麻痺背負った物理型なんて次のやつに落とされるし。
とりあえず無条件で麻痺ばらまけるアドバンテージはデカすぎるな

かくかくマヒマヒ型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ調整 残りHP
持ち物:こうかくレンズ
確定技:へびにらみ
選択技:ダストシュート/じしん/どくづき/アイアンテール

いかくからのへびにらみを主軸に戦う攻撃的アーボック。

へびにらみは存在感抜群で結構読まれる。
いかくも交換を誘発しやすいため、初手はへびにらみor攻撃技の二択。
例:vsサンダースはみがわりを読んでじしんかダストで潰せば、もう1発当てて勝ち
  対して10まんボルトは2発浴びれば負け、ヤタピ食われてもHP176以上振ってれば2確

勝てる相手に出し、積んでいく耐久アーボックとは異なり、
いかく&へびにらみで相手をかく乱するのが仕事のため、先発がおすすめ。
決定力は大したことがないので、じめんやエスパーからは逃げ。
下の型とかぶるがかなしばりも悪くない、攻撃技のレパートリーも少ないしね。
メインウェポンを封じて長生きしよう。

・素早さについて
自分より速い相手はマヒさせる前提で動くため、素早さに努力値振る必要性は低い。
そもそも無補正80族で全振りすると132。
このあたりの相手は、だいたい134+αに設定されている場合が多いため、132ではわずかに及ばない。
よって素早さに振りすぎるのは微妙。
ミロカロスや101調整あたりを意識しつつ振るのがいいと思う。

ミロにへびにらみすると泥沼になる事があるのでミロを確実に仕留められるポケモンが必要
↑新技のタネばくだんじゃ無理かな?
↑防御特化ミロはこっち攻撃特化でも乱3なので厳しい。マヒさせるとウロコ発動してさらにヤバイ。

嫌な音はどうかな?サポートや撹乱にはなると思うんだけど。

いわなだれは候補に入らないの?4倍弱点を狙えるし、麻痺と相性良いと思うんだけど。

かなしばり型  節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり
努力値:HP252 防御156(いじっぱり攻撃全振りガブリアスのじしん耐え調整) 残り攻撃
持ち物:こうかくレンズ
確定技:へびにらみ/かなしばり
その他:ねむる/ねごと/いびき/どくどく/こおりのキバ/ダストシュート

じしんを耐えてへびにらみ。
アーボックをなめてかかってもう1発じしんをうってくるところをかなしばり。
そこからは交代読みでこっちも交代かどくどくしてみたり、眠ってねごとで麻痺巻きかかなしばりなどを。
↑すり替えは?

耐久型 節を編集

特性:だっぴorいかく
性格:わんぱくorしんちょうorいじっぱり
努力値:HP252 防御252  or  HP252 特防252  or  HP252 防御124 特防124  or  攻撃252 HP252
持ち物:くろいヘドロ/オボンのみ
確定技:へびにらみ/たくわえる
選択技:かみつく/ねむる/まもる/うらみ

かみつくは威力やダメージよりひるみ目的。
↑決定力に欠けているが、麻痺とひるみを狙うならどくどくは厳しいか。
ハブネークでも同じ型が出来そうだが、耐久面は防御・特防もややアーボックの方が上。
特性はいかく→攻撃受け、だっぴ→ねむるからの復帰
↑耐久型にするならだっぴがいいと思う。
↑両方を実際に使ってみたところ、いかくの方も積む際に流れをつかめるので悪くはなかった。
長い目で見たらだっぴ、速攻で落とされる心配を減らしたいならいかく。環境によってお好みで。
努力値はHP252防御252の防御特化がおすすめ。蓄えるを3回積んだ状態で拘りカブリの地震が確定2。
スカーフガブリなら確定3。麻痺させた状態ならスカーフガブリに対して眠る 恨み 脱皮で行動不能にできる。
防御特化→地面、特防特化→エスパーに対応するものと考えればいい。防御=特防のバランス型も悪くはないが、どれもたくわえる前提

この型を対戦で使用もしくは相手にした人の感想
一度闘ったが無茶苦茶堅くて落とせなかった
先手でさいみんじゅつ→アーボックに交換してたくわえる×3。起きたらうらみをするとかなりウザイ。
↑うらみするならヒメリの実でもよくない?うらみのPP最大でも16しかないからすぐ無くなるんだけど・・・・・・
脱皮もいかくも両方使えるピッタリの型だね。

へびにらみが決まれば結構戦える希望ありだ
これ強すぎるな。いいタイミングで出されると相当苦労しないといけない。
相性悪くても最悪麻痺撒き出来るのが素晴らしい
蟻地獄ダグトリオ(身代り持ち)に瞬殺にされたのはご愛嬌。
麻痺させてたくわえる積めばこっちの物。だっぴは発動したらいいな程度。

実際使ってみた人に聞きたいんだけどどういう技構成にした?
挑発対策にかみつくは入れたいが、そうなるとうらみかねむるのどちらか削らなきゃならないよな。
↑同感。この型を否定するつもりはまったくないんだけど、この型の目的を簡潔にまとめてくれる人はいません?
↑地面にも効く麻痺撒きと特性を活かした物理受け。
↑↑↑脱皮型なら恨みを抜き、威嚇型なら眠るを抜け
↑でも眠る抜いたら蓄え終えたとしても、速攻で落ちない?
↑ほとんどの議論が脱皮型推奨みたいになってるけど、威嚇をもっと有効的に使える型はないかな?
うらみ/へびにらみ/たくわえるは決定にしても、やっぱ積むならねむるは必要だよね?
↑×8俺の技構成はこれだ!
わんぱくで特性いかく すりかえ/どくどく/たくわえる/ねむる@黒いヘドロ
どくどく→蓄えてから寝てプチ要塞化したらすり替えてさらにジワジワ。
↑コイツのアイデンティティであるへびにらみを抜いたの?w
確かに毒や黒いヘドロすりかえも強そうだが、これでは蓄える積む前に素早いアタッカーに倒される可能性は高まっちゃってる気がする。
↑ ↑↑の型を自分で作ってみて投入してみたが、嵌るとへびにらみとはまた違ったいやらしさを発揮して面白かった。
特に耐久潰しとしてはかなり有用(耐久型相手なら大抵自分で有効利用出来るもちものを奪える為)。その際はミロ抜き調整をしておくと良い。
ただこれはヘドロすり替え型あたりで新しい型として置いといてもいいんじゃないだろうか。
↑特性脱皮ですりかえ/たくわえる/ねむる/うらみ@火炎玉で運用してみたが強い強い。火炎玉すり替えで物理アタッカーの火力をガタ落ちにできるし、こっちの火傷は脱皮か眠るで治る。火炎玉押しつけから眠る・蓄えるを絡めてマンダの地震文字流星群を腑抜けにしてやった時は爽快だった。
ただこの際はHP特防振りのほうがいいかもしれない。自分はもともとヘドロすりかえのつもりだったから防御特化だったけど。
↑何か攻撃技入れたいと思うんだけどなにがいいとおもう?先制できないことがおおいしかみつくは微妙だとおもうんだ

ぶっちゃけ蓄えるを積んだり威嚇したりすれば素の耐久はほぼ関係ないし、
少しでもかみつくの威力↑を狙うため、性格をいじっぱりにしてみたが、普通に強かった。
ただし、何にも積んでいない状態でガブ然りにぶつかったら逃げるしかない。そのため、いじっぱりなら威嚇推奨。

持ち物にヒメリの実はどうだ?
かみつくのPP切れたら何もできなくなるし。
それからヒメリなら防御ダウンの可能性があるかみくだくでもよくないか?
回復技持ちに当たったら泥になるし、かみつくが思ったより怯まない。

要注意ポケ対策/ハピナスのところにも書いたんだが
こいつハピナス対策になるんじゃないか?
うらみを連発すれば倒せると思うんだが・・・

こいつにいえきってどう?
こんじょうとかサンパワーみたいな特性消せるし、
他に状態異常撒きがいるならへびにらみの代わりに入れるのもアリだと思うんだが
↑胃液の効果は交代されたら元に戻るからな…
こっちが1ターン使ってまで消した方がいいほど有用な特性はそこまで多くない。
やはりへびにらみは必須でしょ。電磁波じゃなくてへびにらみってとこがこいつの生命線なんだから。

いやなおとはアリ?
いじっぱり・いかく かみつく/嫌な音/へびにらみ/蓄える@ヘドロで使ってるがなかなか。
嫌な音でダメージ増やして、さらに交換誘発して麻痺を撒ける。

しかしみんな型に個性が出てていいなw

特性脱皮の場合は積み始めを安定させるためにオボンもアリじゃないかと思うのだがどうだ?
↑十分アリだと思う。追加しました。
↑まきつく/どくどく/ねむる/たくわえるってのはどうだろうか?
まきついて交換不能状態にしたうえでどくどくでダメージ。
↑巻き付く議論は以前にもあったんだが、考察途中でバッサリ削除食らった。使ってみた奴いたら、感想頼む。確か前回も技構成はこれと一緒だった。

ダストシュートって駄目?
威力が高いし毒の可能性もあるから攻撃無振りでもそこそこ使えるとは思うんだけど…
↑個人的な感想としては、メインウェポンで一つだけの攻撃技として入れるなら、止めといた方がいいと思う。以前使ったんだが、範囲狭すぎて泣けた。更に無振りだと、命中7割を乗り越え、やっと当てても悲しいダメージ量。
↑↑個人的にはアリ。噛み付く程度じゃダメージが余りにも悲しいし。
少しでもダメージ量を増やしたいならアリ。ただ外れるリスクも当然背負わないといけないけど。

脱皮@ヘビにらみ/眠る/蓄える/かみつくの型に6650で遭遇したけど何もできずに4タテされますた。
相手選んで睨み→蓄えて眠られると、急所にでもあたらないと3発以内に落とすの不可能…
一度要塞完成するとマジで急所狙うしか落とす方法がない。
物理型が剣舞積めて突破できるかと思ったけど、
肝心なところで怯まされるわ麻痺で動けないわ、もうどうにもならなかった。
こいつ1匹突破できたところで麻痺背負った物理型なんて次のやつに落とされるし。
とりあえず無条件で麻痺ばらまけるアドバンテージはデカすぎるな

いえき型(ダブル) 節を編集

特性:いかく
努力値:素早さ252(確定)攻撃252orHP252
性格:ようき
持ち物:拘りスカーフ
確定技:いえき ダストシュートorどくづき いわなだれ
選択技:かみくだく じしん こおりのキバ かみなりのキバ ほのおのキバ など

基本的にレジギガスと組ませ先手でいえきをはなちレジギガスを開放する
いえきを使ったらすぐに交代し次からは普通に攻撃したりいわなだれで少しでもひるませようとしたりする
特性を消せて威嚇なのはこいつだけ!
ケッキングと組ませてもいいが、その場合はスカーフである必要は無い…
が耐久的にいえきせずに死んでしまう可能性もあるのでやっぱりスカーフ推奨

DSでもPBRでもギガスの能力は上がるので心配することはない

こだわりアタッカー型 節を編集

特性:威嚇
努力値:攻撃252 素早さor耐久
性格:意地っ張りor陽気
持ち物:こだわりハチマキorこだわりスカーフ
技:ダストシュート 地震 種爆弾 岩雪崩 噛み砕く アクアテール アイアンテール 3色牙 すりかえ

耐久型のイメージが強いコイツをあえてアタッカーとして使う型。流行の挑発も怖くない。
攻撃95は物足りなさを感じさせるが、同じ毒仲間でありR団時代の同志であるマタドガスはさらに低い特攻85で頑張っているのでコイツもやればできると思う。

倒したい相手を想定して性格、努力値、持ち物を以下のパターンから選択。

①意地っ張り 攻撃252&素早さ252@鉢巻
②意地っ張り 攻撃252&素早さ252@スカーフ
③意地っ張り 攻撃252&耐久調整@鉢巻
④陽気    攻撃252&素早さ252@鉢巻
⑤陽気    攻撃252&素早さ252@スカーフ

80族のスカーフなら②より⑤だろと突っ込まれそうだが⑤の火力では130族を誰も確1にできないので、
火力を求めるなら無理に抜かなくても良いと思う。とは言え弱点突けば大抵2確で落とせるうえ、
サンダースの10万、クロバットのブレバ、プテラの威嚇込み地震は耐久無振りでも確定で耐えるので、やはり好みの問題か。
ただ補正無しだと天敵のフーディンやエーフィに噛み砕くを耐えられる恐れがあるので、
個人的には②がオススメ(それでもエーフィはダストで乱数に持ち込むのが限界だが)。

②を使用してみての感想だがシングル、ダブル共に結構強い。誰かの劣化になってるかどうかは知らんが
ネチっこく攻めるのが主流なコイツを速攻アタッカーとして使うのは中々気持ちよかった。
↑ならこれ削除して対戦wikiに持っていった方が良いんじゃね?
↑この型鉢巻で使ってみたけどそのまま対戦wikiに持って言ってもいいレベル
微妙な例だけど、蛇睨みか毒技読みで出てきたハガネールを地震で返り討ちにしたりハピナスを機能停止にできたりした

意地っ張りでハチマキを持たせる場合、素早さに少し振って4振り85族+1あたりまで抜いて残りをHPに振るのがいいかもしれない。
アーボックは個体値Vで素早さに60振ればLv50で108、ロックカットや高速移動、すいすいや葉緑素で
最速マルマイン抜きに調整しているポケモンを素の状態で確実に抜ける。
これらのポケモンはダストシュートやタネ爆弾で倒せるものが多く、HPの努力値を削る価値はあると思う。
この場合削ってもHPが7下がるだけだし、デメリットは乱数で落ちる確率が少し上がることくらい。

HGSSですりかえ習得。
使いやすくなった。

リフレッシュ耐久型 節を編集

特性:いかく
努力値:HP252防252orHP252特防252
性格:わんぱくorしんちょうorずぶといorおだやか
持ち物:くろいヘドロ
確定技:リフレッシュ(XD)/へびにらみ/たくわえる
選択肢:うらみorかみつくorどくどくor攻撃技

本家で注目を浴びている耐久型に、
XDのみで覚えられるリフレッシュを活用したら
さらに使い勝手が向上するかもしれないと思い考えてみた型。

これなら特性がいかくで麻痺と火傷の状態異常の技を受けて
機能停止しかけても、
リフレッシュの技ですぐさま復帰出来るので難なく挑む事が出来るだろう。

脱皮巻きつく型 節を編集

特性:だっぴ
性格:特攻↓で耐久↑な性格
努力値:HP252 防御252  or  HP252 特防252  or  HP252 防御128 特防128
持ち物:ねばりのかぎづめ
技:どくどく/まきつく/たくわえる/ねむる

上にあった議論をまとめて作ってみた。変なところがあれば修正してくれ

基本的に戦法はたくわえる→まきつく→どくどくで、どこかで体力減ったらねむる→だっぴで回復という流れ。
これと同じ型はハブネ―クでもできるが、総合の耐久力的にこっちの方が上。
実用するときはたべのこし持ちの鋼・毒で詰んだりねむる持ちの耐久全般には手も足も出なくなるので注意。

まとめ乙。性格が攻撃↓になってたのと努力値が126だったのを修正。
あと蓄えるで耐久を安定させてから巻きついた方がいいんじゃないか?
素の耐久がそんなにある訳でもないし。
↑確かにそうだな。てわけで修正した

勝手に型を増やすなよ
議論だけで型を増やすのは規約違反
ちゃんと実戦である程度使ったわけ?
↑そういやそうだった。しかしいきなり消すのもアレなので伏せておいた。実戦で使ってから判断したいのだが、丸ごと削除の方がよかったか?

かくかくマヒマヒ型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ調整 残りHP
持ち物:こうかくレンズ
確定技:へびにらみ
選択技:ダストシュート/じしん/どくづき/アイアンテール

いかくからのへびにらみを主軸に戦う攻撃的アーボック。

へびにらみは存在感抜群で結構読まれる。
いかくも交換を誘発しやすいため、初手はへびにらみor攻撃技の二択。
例:vsサンダースはみがわりを読んでじしんかダストで潰せば、もう1発当てて勝ち
  対して10まんボルトは2発浴びれば負け、ヤタピ食われてもHP176以上振ってれば2確

勝てる相手に出し、積んでいく耐久アーボックとは異なり、
いかく&へびにらみで相手をかく乱するのが仕事のため、先発がおすすめ。
決定力は大したことがないので、じめんやエスパーからは逃げ。
下の型とかぶるがかなしばりも悪くない、攻撃技のレパートリーも少ないしね。
メインウェポンを封じて長生きしよう。

・素早さについて
自分より速い相手はマヒさせる前提で動くため、素早さに努力値振る必要性は低い。
そもそも無補正80族で全振りすると132。
このあたりの相手は、だいたい134+αに設定されている場合が多いため、132ではわずかに及ばない。
よって素早さに振りすぎるのは微妙。
ミロカロスや101調整あたりを意識しつつ振るのがいいと思う。

ミロにへびにらみすると泥沼になる事があるのでミロを確実に仕留められるポケモンが必要
↑新技のタネばくだんじゃ無理かな?
↑防御特化ミロはこっち攻撃特化でも乱3なので厳しい。マヒさせるとウロコ発動してさらにヤバイ。

嫌な音はどうかな?サポートや撹乱にはなると思うんだけど。

いわなだれは候補に入らないの?4倍弱点を狙えるし、麻痺と相性良いと思うんだけど。

かなしばり型  節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり
努力値:HP252 防御156(いじっぱり攻撃全振りガブリアスのじしん耐え調整) 残り攻撃
持ち物:こうかくレンズ
確定技:へびにらみ/かなしばり
その他:ねむる/ねごと/いびき/どくどく/こおりのキバ/ダストシュート

じしんを耐えてへびにらみ。
アーボックをなめてかかってもう1発じしんをうってくるところをかなしばり。
そこからは交代読みでこっちも交代かどくどくしてみたり、眠ってねごとで麻痺巻きかかなしばりなどを。
↑すり替えは?

個体値測定法 節を編集

基本 節を編集

Lv.16 アーボ([ ]内はドーピング回数)
|HP|44|[ 5 ]|

攻撃31(-で27/+で34)[ 5 ]
防御24(-で21/+で26)[ 0 ]
特攻23(-で20/+で25)[ 1 ]
特防28(-で25/+で30)[ 2 ]
素早31(-で27/+で34)[ 9 ]

ドーピング後にこの数値ならすべてV確定。
素早さ確定に必要なドーピングの量は多いが、アーボックなら素早さは特に厳選する必要は無いかもしれない

バラバラではあるがLv.3までで特攻.素早さ以外がU/V判定できる
HPはLv.1で12ならU/V
攻撃はLv.2で8ならU/V(マイナス補正以外)、マイナス補正なら7でU/V
特防はLv.2で5回ドーピングして8ならU/V(マイナス補正以外)
防御はLv.3で6回ドーピングして9ならV(マイナス補正以外)

自分用。邪魔なら消してください。
Lv.9 アーボ([ ]内はドーピング回数)
|HP|30|[ 9 ]|

攻撃19(-で17/+で20)[ 2 ]
防御17(-で15/+で18)[ 6 ]
特攻16(-で14/+で17)[ 5 ]
特防19(-で17/+で20)[ 7 ]
素早19(-で17/+で20)[ 6 ]

対アーボック 節を編集

  • 注意すべき点
    へびにらみとドラゴンテールで麻痺をパーティ全体にまき散らしてくる。
    いかくもあるため、物理に関しては数値以上に硬く並の攻撃では受けられて麻痺を入れられる。
  • 対策方法
    地面タイプ、エスパータイプの特殊技で対処可能。ただし地面タイプでもへびにらみなら麻痺を入れられてしまう。
    特性まけんき、かちきのポケモンで火力を上げて強行突破することでも突破可能。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

SM威力命中タイプ分類PP備考
アーボアーボック
-1かみくだく80100あく物理15
-1こおりのキバ6595こおり物理15
-1かみなりのキバ6595でんき物理15
-1ほのおのキバ6595ほのお物理15
11まきつく1590ノーマル物理20
11にらみつける-100ノーマル変化30
-1どくばり15100どく物理35
-1かみつく60100あく物理25
44どくばり15100どく物理35
99かみつく60100あく物理25
1212へびにらみ-100ノーマル変化30
1717いやなおと-85ノーマル変化40
2020ようかいえき40100どく特殊30
-かみくだく80100あく物理15
2527たくわえる--ノーマル変化20
2527のみこむ--ノーマル変化10
2527はきだす-100ノーマル特殊10
2832アシッドボム40100どく特殊20
3339どろばくだん6585じめん特殊10
3644いえき-100どく変化10
3848ゲップ12090どく特殊10
4151くろいきり--こおり変化30
4456とぐろをまく--どく変化20
4963ダストシュート12080どく物理5

※進化したときに覚える。

過去世代

3rd4th5th6th備考
アーボアーボックアーボアーボックアーボアーボックアーボアーボック
---1-1-1こおりのキバ
---1-1-1かみなりのキバ
---1-1-1ほのおのキバ
11111111まきつく
11111111にらみつける
-1-1-1-1どくばり
-1-1-1-1かみつく
88444444どくばり
1313999999かみつく
2020121212121212へびにらみ
2528171717171717いやなおと
3238202020202020ようかいえき
---22-22-22かみくだく
3746252825272527たくわえる
3746252825272527のみこむ
3746252825272527はきだす
----28322832アシッドボム
--283433393339どろばくだん
--334236443644いえき
------3848ゲップ
4456364841514151くろいきり
----44564456とぐろをまく
--415649634963ダストシュート

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06どくどく-90どく変化10
技09べノムショック65100どく特殊10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技11にほんばれ--ほのお変化5
技15はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技17まもる--ノーマル変化10
技18あまごい--みず変化5
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技26じしん100100じめん物理10
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技34ヘドロウェーブ95100どく特殊10
技36ヘドロばくだん90100どく特殊10
技39がんせきふうじ6095いわ物理15
技41いちゃもん-100あく変化15
技42からげんき70100ノーマル物理20
技44ねむる--エスパー変化10
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技46どろぼう60100あく物理10
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技59ぶんまわす60100あく物理20
技66しっぺがえし50100あく物理10
技68ギガインパクト15090ノーマル物理5
技78じならし60100じめん物理20
技80いわなだれ7590いわ物理10
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技83まとわりつく20100むし特殊20
技84どくづき80100どく物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技88ねごと--ノーマル変化10
技90みがわり--ノーマル変化10
技97あくのはどう80100あく特殊15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第6世代
技28あなをほる80100じめん物理10
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘04かいりき80100ノーマル物理15
第4世代まで
技19ギガドレイン75100くさ特殊106th教え
技23アイアンテール10075はがね物理15タマゴ
技49よこどり--あく変化10タマゴ
技58こらえる--ノーマル変化10
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
おいうち40100あく物理20
たたきつける8075ノーマル物理20
うらみ-100ゴースト変化10
ふくろだたき-100あく物理10
どくどくのキバ50100どく物理15
こわいかお-100ノーマル変化10
ポイズンテール50100どく物理25
かなしばり-100ノーマル変化20
HSすりかえ-100あく変化10
アイアンテール10075はがね物理156th教え
ふいうち70100あく物理5
よこどり--あく変化156th教え

教え技 節を編集

3rd4th5th6th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15
うらみ-100ゴースト変化10タマゴ
アクアテール9090みず物理10
いえき-100どく変化10Lv
ダストシュート12080どく物理5Lv
タネばくだん80100くさ物理15
アイアンテール10075はがね物理15タマゴ
ギガドレイン75100くさ特殊10
しめつける1585ノーマル物理20
よこどり--あく変化10タマゴ
のしかかり85100ノーマル物理15
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね-100ノーマル変化10
FL/Eいわなだれ7590いわ物理10技80
みがわり--ノーマル変化10技90
Emこらえる--ノーマル変化10
E/XDいばる-85ノーマル変化15技87
Emねごと--ノーマル変化10技88
HSずつき70100ノーマル物理15
あくのはどう80100あく特殊15技97

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP備考
リフレッシュ--ノーマル変化20XD

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上/ドラゴン
孵化歩数5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件アーボ(Lv.22)→アーボック

遺伝経路 節を編集

アイアンテールリレー遺伝ボスゴドラ系統→サイホーンニドラン♂
自力習得:5th・6th教え技
その他サイホーン(ORAS図鑑サーチ)
うらみレベル技ノコッチ
おいうちレベル技ラッタ系統・Aラッタ系統・オコリザル系統・ケンタロスブラッキーノコッチジュカイン系統・ザングースアブソルフローゼル系統・レパルダス系統・ゼブライカ系統・ゾロアーク系統・エモンガバッフロンデカグース系統
かなしばりレベル技ゴルダック系統
こわいかおレベル技リザードン系統・ラッタAラッタケンタロスブースターグランブル系統・リングマドンファングラエナ系統・ボーマンダ系統・レントラー系統・ドサイドン系統・マンムーワルビアル系統・ズルズキン系統・ゾロアーク系統・オノノクス系統・クリムガンバッフロンサザンドラ系統・ガオガエン系統・デカグース系統・ルガルガン系統・ナゲツケサルジャラランガ系統
すりかえレベル技ペルシアンAペルシアンマッスグママフォクシー
たたきつけるレベル技ピカチュウカイリュー系統・オオタチ系統・ヌオー系統・ドンファン系統・ジュカイン系統・ジャローダ系統・ミルホッグ系統・チラーミィサザンドラ系統・ネッコアラ
どくどくのキバレベル技ハブネーク
ふいうちレベル技ラッタ系統・Aラッタ系統・ダグトリオ系統・Aダグトリオ系統・オオタチ系統・グラエナ系統・クチートパッチールカクレオンアブソルニャルマースカタンク系統・レパルダス系統・トリミアンニャオニクス
ふくろだたきレベル技ニューラヘルガー系統・ナゲツケサル
ポイズンテールレベル技ハブネークドラミドロ系統
よこどりレベル技マニューラ系統・レパルダス系統・クイタラン
自力習得:5th・6th教え技

※全てドーブルで代用可能

}}}