アーゴヨン - ポケモン対戦考察まとめWiki|雑記(ネタ型・マイナー型)

アーゴヨン 節を編集

No.804 タイプ:どく/ドラゴン
特性:ビーストブースト(相手を倒す毎に自分の最も高い能力値が上昇する)
体重:150.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
毒/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アーゴヨン73737312773121540ビーストブースト
ドラミドロ6575909712344494どくのトゲ/どくしゅ/てきおうりょく
特殊速攻毒or竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アーゴヨン73737312773121540ビーストブースト
ゲンガー60656013075110500のろわれボディ
ラティオス809080130110110600ふゆう
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ベベノム677367736773420ビーストブースト
ベベノム
(しんかのきせき)
110110(506)BD無振り
126126(538)BD全振り
アーゴヨン73737312773121540ビーストブースト

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん/こおり/ドラゴン/エスパー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/ほのお/むし/かくとう/どく
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

USUMで登場したウルトラビーストにして、希少な「どく×ドラゴン」複合タイプ。
同族のドラミドロとは大きく性能が異なるため差別化を意識する必要はない。
一致技に加え、補完に優れるほのおでんきなどのサブウェポンを備えた高速・高火力・広範囲アタッカー。
その性能に加え全抜き性能を高める「わるだくみ」や特性「ビーストブースト」まで備えており、崩し役としてもエースとしても扱いやすい。
昨今、フェアリーの受け出しを許すことで評価を落としているドラゴンだが、どく複合・高速によりむしろフェアリーに有利なアーゴヨンは並のドラゴンと一線を画している。
猛威を奮うメガボーマンダよりわずかに速く、ドラゴンに強いドラゴンと評すこともできるだろう。
耐久は並だが、バシャーモの一致技半減など耐性優秀であり、調整次第でわるだくみの起点範囲を広げられる。

一方、その俊足によって強さが支えられているため、上から崩しにかかるゲッコウガやこだわりスカーフカプ・テテフ?の相手は厳しい。
これらへの抵抗としてこだわりスカーフの所持も有用だが、一致技両方に無効タイプがあるため技を縛ることのデメリットも小さくない。
無理に撃ち合わず、早急に「ビーストブースト」を素早さにかける立ち回りを心がけるのがよいだろう。
また性質上、ヒードランには一切打点がないため、ピンポイントメタでめざめるパワー地を所持するか後続に任せるかの見極めは構築段階に行っておきたい。


最新の型こちらに、過去の型こちらにあります。



特性考察 節を編集

ビーストブースト
この特性のみ。隠れ特性は存在しない。
種族値の関係上、必然的にCかSのどちらをブーストさせるか選択することになる。
なお調整次第でABDのいずれかをブーストさせることも一応可能ではある。
ABDのブースト方法
  • ABD(対象) 上昇補正252振り
  • C11(Dにかける場合のみ9)以下or下降補正&S23以下or下降補正の調整
    強みである素早さや特攻の高さを捨てることになり、完全にネタである。

型考察 節を編集

物理型 節を編集

持ち物:いのちのたま/Zクリスタルなど
性格:ようきorいじっぱり
努力値:AS252ベースで調整
優先技:とどめばり/ダストシュート
選択技:げきりん/アイアンテール/じごくづきorシャドークロー/きゅうけつ/ドラゴンテール/アクロバット(消費アイテムを持たせた時のみ)

物理技のラインナップ自体は悪くなく、とどめばりでうまく相手を倒せればビーストブーストによるS上昇と合わせて暴れられるかもしれない。
実数値は「C252+わるだくみ」>「A252+とどめばり発動」なので高火力技の搭載を推奨。

特殊型と違って鋼・霊技を使用できるが、代わりに炎・電気技を捨てることとなるのが痛い。